Call: 0123456789 | Email: info@example.com

輪郭矯正について知っておきたいこと

輪郭は、顔の印象だけでなく、体全体のバランスの印象も変えてしまうほどの、印象が大きなポイントです。すっきりとしたラインの輪郭は、体全体のバランスもすっきりとした印象になりやすく、反対に輪郭がぼやけていたり、丸顔の場合には太った印象になってしまいます。輪郭の修正には自分で行えるものと、自分では修正できないものがあります。骨格が原因の場合には美容整形手術が必要となるので、カウンセリングなどによってどのような手術が適切なのかを話し合いましょう。注射で済ませるプチ整形から、切開を伴う大掛かりな整形手術まで、色々な種類がありますが、それぞれにメリット・デメリットがあります。きちんとリスクも知った状態で、手術の方法を比較検討することが大切です。

輪郭矯正の美容整形の方法について

輪郭修正の美容整形手術の方法については色々な種類があります。まずは、もっとも手軽に行えるものが、脂肪溶解の注射です。輪郭付近についている余分な脂肪を取り除くことで、すっきりとしたシルエットを作ることが出来ます。脂肪溶解注射で輪郭矯正の効果が得られない場合には、骨格の修正を行う必要があります。エラ削りや頬骨削り、顎の修正なども輪郭矯正には必要な手術となります。骨を削る手術では、大幅なデザインの変化が行えるので、理想としている仕上がりの効率よく仕上げることが出来ます。しかし、切開手術ではリスクも伴うので、きちんとデメリットも理解しておくことが必要です。また医師の技術力が必要な手術も多く、行えるクリニックも限られてきます。きちんと調べて医師選びを行いましょう。

輪郭矯正のリスクと医師選びのポイント

輪郭矯正のリスクはそれぞれの手術の内容によって異なります。まず最も手軽に行える脂肪溶解の注射の場合、手軽に行える半面、大幅な変化を起こすことが出来ないというデメリットがあります。また脂肪による輪郭の不具合でない場合には、注射をしても変化が現れないというリスクもあります。これに対して切開を伴う手術の場合、大きなデザインの変化を起こすことが出来ますが、皮膚の切開や骨の切除による体への負担は大きなものとなります。医師の技術力が低いと、縫合跡が残ってしまったり、左右差や希望のデザインにならないなどのリスクもあります。またダウンタイムも長期間必要になるので、スケジュール調節をきちんと行う必要があります。痛みや内出血、腫れが手術後には数日間続くので安静にして過ごしましょう。