輪郭矯正にかかる費用の相場はどれくらいか

顔の目の部分や鼻の形といったピンポイントの部位ではなく、輪郭部分を作り出しているこめかみ付近から顎の部分をフェイスラインといわれていますが、フェイスラインは輪郭矯正というもので変化させることができます。美容整形を利用するのが最も手っ取り早く、元から変化を加えることができますので、仕上がりに満足しやすいのがメリットです。フェイスラインの不満として、顔が大きく見える、平坦に見られがちなどがあります。エラの部分が発達しており、ゴツゴツとした雰囲気の顔立ちに見られて、エレガントな表情が作れないといった悩みを持つ人も少なくありません。一般的に美しいとされるフェイスラインを作る輪郭矯正のやり方には意外にもたくさん用意されており、それぞれ相場が異なります。

人気のエラ削りは100万円を超えることも

輪郭矯正では骨の部分に変化を加えるものが大半で、メスを入れる必要のあるものばかりです。そのために多くの施術で費用が高額になります。顎の付け根の辺りの骨や筋肉が発達していると、エラが張った状態に見られがちですが、エラの解消は俗にエラ削りという方法で施術を行ってくれます。相場としては100万円を超えるのが基本です。骨を削る高度な手術で、全身麻酔を使います。削る面積や手術の難しさなどによって違ってきますが、安くても120万円くらい、高ければ180万円以上かかる例が見られます。顎骨の外板の部分だけを削る方法なら、70万円程度でも受けることが可能です。顎の先端付近の輪郭矯正だと、60万円~150万円くらいです。エラ削りと同じく、範囲によって相場が大きく異なってくる施術です。

効果は限定的だが安い施術も存在する

保険適用外でとても高額になりがちな輪郭矯正ですが、手術に頼らない方法であれば安く受けられるようになります。持続時間が短いなど、効果が限定的なものが多いものの、輪郭矯正を気軽に体験したかったり、メスを入れることに恐怖を感じる人にはおすすめです。レーザーを使ってフェイスラインをすっきりさせる手段であれば、10万円未満でも施術を受けられる状態です。顎の部分に厚みを加えて、横顔を立体的に美しく仕上げたいなら、ヒアルロン酸注入がとても安くておすすめです。持続時間が1年くらいとかなり短めではあるものの、相場としては5万円程度で済みますので、何度も気軽に受けやすいのがメリットです。極細の注射器のみの施術ですので、傷跡が目立ちません。エラの張りの原因が筋肉であれば、1万8000円程度のボトックス注入でも輪郭矯正ができます。