Call: 0123456789 | Email: info@example.com

輪郭矯正とはどんなことをするのか

輪郭矯正は美容外科で行われる整形手術の一種です。顎や口元、こめかみ、おでこなどの整形を行います。どれもフェイスラインを美しく整えることを目的にしていて、複数の場所を整形して顔全体のバランスを整えることもあります。特に難しいと言われているのは顎削りやエラ削りの手術で、これらは骨を削ったり切り落とすためにリスクが高いです。医師の経験によって仕上がりが大きく異なるのも特徴です。輪郭矯正は逆戻りできない手術なので、受ける前には本当に矯正していいのかどうかをよく考える必要があります。足りない部分を補填するヒアルロン酸注射や、咬筋を弛緩させてエラを細くするエラボトックス注射などもあるので、もっと簡単な方法で治せないか医師に聞いてみるようにしましょう。

エラの輪郭矯正では何をするのか

エラが張っている顔は、四角張ってしまうためにイカつい印象を持たれがちです。それを解消できるのが、ボトックス注射やエラ削りです。ボトックス注射はボツリヌス菌の毒素をエラに注入して、咬筋を麻痺させることで咬筋を衰えさせます。何度か注射を受ける必要がありますが、続けているうちにエラが細くなっていきます。咬筋の発達が原因ではなく、エラの骨の形状が問題の場合にはエラ削りではないとエラはすっきりしません。その場合に用いられるのがエラ削りです。下顎角骨が横に張り出ているエラの場合にベストな治療法で、口腔内からアプローチして下顎角骨を削ります。これは元に戻ってしまうことはありません。輪郭矯正のなかでは、エラ削りは顎形成に続いて多い手術です。ボトックス注射がダメならエラ削りという優先順位です。

顎の様々な悩みを解消する顎削り

顎形成は輪郭矯正で最も多い整形手術です。長い顎を短くするためには顎の骨を削るしかありません。後退している顎ならヒアルロン酸注射やプロテーゼ(人工軟骨)で足りない部分を補うこともできますが、根本的な解決になるのは顎削りです。顎は美容整形の世界では、下顎骨の先端ことを意味します。この先端部分を削ったり切り落としてしまうのが顎削りで、骨格を変化させることができます。顎削りと一口にいっても方法は様々です。単に顎を削る顎削り、下顎骨を切り離して下の骨とくっつける中抜き、切り離した骨を加工して形を変える顎形成などがあります。どれも骨の形を変えてしまうので半永久的な効果が望めますが、手術は全身麻酔が必要で、難易度が高いので腕のいい医師に頼むことが大切です。

2割から最大5割引き。 Lefort-1は正確な計測で手術を行います。 銀座を中心に神奈川県にも出店しております。 口腔外科専門医、指導医、AO Alumni member! 模擬手術の後、万全の状態で施術に臨みます。 20年以上にわたる臨床経験がお役に立てます。 顎顔面外科と美容外科のエキスパートによる美容顎顔面外科専門のクリニックで、顔面骨格のご相談に特化。 当クリニックの輪郭矯正でキレイになろう